イベントのお知らせ用ポスター制作のポイント

ポスターはイベント告知などの宣伝用印刷物として利用が行われるケースが多いのが特徴です。掲示する場所は屋内の場合もあれば、屋外の場合もあるわけですが、屋外で利用するポスターは湿気や紫外線などによる対抗性を持つ加工が必要です。雨ざらしになるような場所に掲示する事もあるので、耐水性に強い用紙を使う、強風で破けてしまわないような耐久性を持つ用紙を使うなどが必要になって来ます。ポスター印刷を行う印刷会社選びも重要です。印刷会社の中には大きな用紙への印刷が出来ないケースもあるので、サイズが大きなポスターを製作する場合には注意が必要です。また、印刷後の加工処理についても可否を確認しておくのがお勧めです。

ポスターはA4サイズを複数印刷しても効果がある

ポスター印刷と聞くと、多くの人々はA2サイズやA1サイズなどのような大きな用紙に印刷を行ったものなどのイメージを持つケースがあるのではないでしょうか。大判印刷は遠くからでも何が記載してあるのかが分かる、目立つなどからも大判印刷を利用してポスター制作を行うケースが多いわけです。しかし、大きいだけが目立つわけではなく、A4やA3サイズに印刷したポスターを同じ場所に並べて複数掲示すれば遠くから見た時に、目立つなどのメリットに繋がります。また、サイズが小さい分、耐久性も高くなるので強風が吹いている時でも剥がれにくくなる、破けないなどのメリットもあるので、大判だけではなくA4サイズなどのポスター制作もお勧めです。

激安コピー印刷を使えば、1枚2円以下で印刷をすることができます。まとめての印刷や早期の注文、キャンペーンなどを駆使すればさまざまな印刷プランを安くできます。