ホームページのデザインは分かりやすいイメージ

ホームページを作るときにこだわってしまいがちなのがデザインです。デザインにこだわってしまって、会社のイメージと全く違うイメージのホームページが出来上がってしまうということもあり得ます。そうならないためには始めのデザインを、会社のイメージを強く打ち出したデザインにするといいでしょう。初見でもその会社のホームページだとわかるくらい分かりやすくするのです。イメージカラーをふんだんに使ったり、柄を会社のイメージに合わせたりします。デザイン性を重視しすぎて、ホームページの本来の目的をなくさないようにすることが重要です。

ぱっと見たときに印象を大事にする

ホームページのデザインでは、ぱっと見たときの印象を大事にするといいでしょう。暖かいイメージなのか、クールなイメージなのかを前もって決めておき、それに合わせたデザインにします。インターネットの世界は始めの印象が強く残る傾向がありますので、始めに印象付けることが大切なのです。特に色を選ぶ時には慎重に選びましょう。色が印象を決めるのに大きな影響をもたらすからです。

デザインを統一することも大事

ホームページは一ページだけで出来ている訳ではありません。全てのページを統一したデザインにする必要があるのです。これが出来ていないと、同じホームページなのに別のものと認識されてしまう可能性があります。デザインを統一することで同じホームページを見ているのだと視聴者に分かってもらえます。デザインは格好よく見せるためだけではなく、デザインだけでどこのホームページを認識してもらえる要素になっているのです。

レスポンシブデザインはウェブデザインの手法のひとつ。ウェブサイトをどのサイズの画面で見てもレイアウトが調整されてスムーズに閲覧できることを主眼にしています。