LEDって何が凄いの?

省エネに有効な照明として人気になっているのが、LEDです。従来の電球と比べると消費電力が少なく、寿命が長いという特徴があります。そしてもう一つ大きな特徴となっているのが、光に赤外線や紫外線を含まないことです。そのため、衣類や壁紙などの色あせが発生しにくく鳴る、虫が集まりにくくなるなどのメリットがあります。

LEDの寿命はどれくらい?

LEDの寿命は、およそ4万時間とされています。一般的な電球が千から2千時間となっていることを考えると、とても長い寿命です。実際に使える期間は、毎日の使用頻度によって異なりますが、1日6時間から10時間程度の使用であれば10年以上は持つ計算となります。LEDは一般的な電球に比べると割高ですが、1回交換をすれば10年以上そのまま使えることを考えるととてもお得です。更に、家の中の電球を全てLEDに変えておけば交換の手間で悩まされずに済むことになります。

本当に10年以上使えるの!?

LEDには、10年も使うことができないという噂があります。これは、LEDが本格的に普及してからそれ程年月が経っておらず、実際に10年以上使い続けている人がほぼいないためです。実際にLEDを10年以上使い続けた人が増えれば、こうした噂は収まっていくでしょう。そして、もう一つ噂の原因となっているのが短期間での故障です。登場して間もない頃は、短期間で故障することも多くありました。しかし、最近では技術も向上し壊れにくいLEDが増えてきています。そのため、新しいものであれば10年以上使える可能性が高くなります。

ledパネルとは、掲示物を後ろからライトアップすることによって、見やすくするというものです。ledライトは蛍光灯と比べ、寿命が長く、省エネであるというメリットがあります。