閲覧者に負担がかからないように配慮する

自己満足のためだけにホームページを開設するのであれば、デザインは自由に決めても問題ありません。しかし、閲覧者に見てもらいたい気持ちを少しでも持っているのであれば、デザインには工夫した方が良いです。自由奔放なホームページになってしまうと、閲覧者にとっては見辛いデザインになってしまう場合があるためです。ですから、ホームページは負担がかからないように配慮したデザインも意識したうえで仕上げることをおすすめします。たとえば、色々なカラーを何種類も使用してしまうと目が疲れますし、明るい色や濃い色も長く見るのは大変です。また、文字の大きさも目の疲れに影響するため、小さ過ぎず、大き過ぎないサイズの文字にすれば見やすくなります。

様々な機器に対応する

ホームページのデザインを考えるのであれば、様々な機器に対応するようにしましょう。パソコンの閲覧者をメインにデザインを検討していたという人は多いでしょうが、今後はパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットといった機器で表示される場合のデザインにまで気を配る必要があります。スマートフォンやタブレットに比べると、パソコンは画面のサイズが大きいです。そのため、何も設定しなければ見辛いデザインになってしまい、閲覧者に不満を与える原因になります。ですから、メインとなる機器に問題なく表示されるホームページのデザインになるように作り上げることが大事です。自分で対応できないのであれば、プロに依頼することで様々な機器に対応しているホームページのデザインを実現できます。

レスポンシブwebデザインとは、ウェブサイトを閲覧する際、端末の違いにより画面の大きさがかわります。大きい画面と小さい画面など、端末にあった表示方法に変えて見やすくするデザインのことを言います。