ホームページデザインにセンスが必要ない理由とは?

ホームページを作る際にオシャレにしたい!と皆さん思いますよね。「センスがないから無理だ」と諦めている方も多いと思います。しかし、実際のホームページ作りにはセンスは全く必要ではありません。3つのポイントを意識するだけで誰でもオシャレなホームページを作る事が可能です。

ユーザービリティを重視する!

ホームページのデザインのポイントで重要度が高いのが「ユーザービリティ」です。

ホームページをデザインする際のユーザービリティとは、利用する方の使い勝手の良さを指します。手間や時間がかかるからという理由で質素なデザインになっていませんか??利用する方が欲しい情報・サービスがすぐに分かるようにメニュー・リンク等を充実させる事が必須となります。

視線の流れを意識したデザインに!

パソコン・スマホを問わずホームページを見ている方の多くは、「上から下へ」「左から右へ」視線を動かしていきます。

利用者の視線の動きを意識して、伝えたい内容を何処に置くのか考えると良いでしょう。

また、この際に画像やテキストにも注意してください。ページ内では同じフォントタイプを使用したり、左揃え・中央揃えにしたりと統一感を出す事もポイントです。自分の好みを反映するのではなく、利用者が見やすい事を意識する事でオシャレな印象を与えれます。

使用するカラーは多くても5色まで!

ホームページ作成の初心者が最も失敗しているのが「使用するカラー」です。

鮮やかなデザインでオシャレにしたいと思っても、実際は使用するカラーが多いと目が疲れてしまいます。多くても5色程度に抑える必要があります。この際にホームページで取り扱うテーマに合わせてカラーチャートを使用して相性の良い色を選択する事もポイントとなります。

レスポンシブでデザインされたウェブサイトは、閲覧者が使っているパソコンやスマホの画面の大きさを判定し、それぞれに対応した画面構成にしてくれます。賢いのです。